花粉症の女性 花粉症から皮膚炎・鼻炎、じんましんなどアレルギーにはさまざまな種類の症状があります。
アレルギー症状を治療するには、原因物質であるアレルゲンを取り込まないよう予防したり、食事や生活習慣を見直すといった方法の他に、抗アレルギー薬にて改善するという方法があります。
ここでは、アレルギーとは一体どんな症状でありどういった仕組みで起こるのかについて、そして抗アレルギー薬として知られる抗ヒスタミン薬に関しての詳細を学んでいきます。

アレルギーとは?どんな症状?

ウイルス アレルギーとは、体内に侵入した特定のものに対して過敏に反応する状態であり、免疫反応を示す症状を指します。
身体を病気や怪我から守る防衛システムを免疫と呼び、さらに生体が元から持っている自然免疫、異物侵入など何かしらの刺激を受けてできる獲得免疫の2種類に分類されます。
獲得免疫の中のIgEと呼ばれる抗体が、アレルギー反応に関連しています。

細菌やウイルスに対する抗体ではなく、ダニや花粉・食物タンパクといった自然界の物質によってできる抗体がIgEです。
lgEが体内に増え続けると、対象である異物・アレルゲンに対して過敏に反応するようになります。
特定のアレルギー体質は、lgEを作りやすい体質と言われ遺伝的影響を受けやすいです。
はじめから備わっているアレルギー体質に加えて、さまざまな環境の悪化因子が絡み合って症状が発現、病状が悪化します。

アレルギーで起きる主な病気としては、気管支喘息やアトピー性・アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などが挙げられます。
他にも季節性の花粉症や、通年性のハウスダスト、じんましんなども同じ部類です。
きちんとした治療が必要な場合もあれば、生活する上で注意していれば問題ない場合も少なくありません。

花粉症で言えば、アレルゲンである花粉が粘膜に付着して、体内から排除しようと防衛本能が働きます。
これを生体防御反応と呼び、具体例を挙げるとくしゃみや鼻水、涙や咳といった現象が該当する症状です。
成人が花粉症にかかりやすいとされる所以は、毎年飛来する花粉によって体内のlgEが徐々に蓄積されていき、規定量を超えた年にアレルギー反応が現れるからです。
規定量を超えるにはある程度年月を要するため、成人の罹患者が比較的多いです。

また、本来は元々アレルギー体質の方が発病する病気でしたが、最近は環境の変化によって発病が加速しているとされています。
住宅環境や室内環境によりダニやカビなどハウスダストの増加や、食品の流通や食文化の変化により外食に含まれる食品添加物の過剰摂取や洋食文化の定着、空調の流布により皮膚に厳しい乾燥環境の増加などがその原因です。
この他、都市部に限らず全国的に衛生面が強化された結果、感染症の病気が減ったことによって反対に免疫反応が脆弱になりアレルギーの起こりやすい体質になりがちな一面も影響しています。

第一世代抗ヒスタミン薬とは

くしゃみする女性 第一世代抗ヒスタミン薬とは、アレルギー症状からくるくしゃみや鼻水などの諸症状を抑える抗アレルギー薬のことであり、1942年から1983年までの期間に開発・販売されたものを指します。
後発である第二世代よりも眠気などの中枢神経抑制作用や、口渇や胸やけといった抗コリン作用などの弊害が比較的出現しやすい薬品ではあるものの、抗アレルギー薬の効き目は強く即効性が高いです。

抗アレルギー薬の主な用途として、特に鼻水・鼻づまり・くしゃみの緩和に用いられます。
アレルギーの諸症状を引き起こす原因となる、ヒスタミンの働きを抑制して免疫過剰反応を抑えることが主な薬効です。
第二世代と共通しているのは、原因そのものを断つのではなく出現した症状を和らげる対症療法薬という点です。

第一世代抗ヒスタミン薬は、エタノールアミン系やプロピルアミン系、ピペラジン系とピペリジン系の4種類が主体です。
第二世代の製品とは異なり、肝臓で代謝されてから腎臓より排泄されます。
そのため、緑内障患者や前立腺肥大など尿道付近に疾患を持つ患者への処方はなされていません。
また、ビーアズ基準により高齢者にも推奨できないとされています。

比較的眠気の発現が少ないとして、プロピルアミン系のd-マレイン酸クロルフェニラミン(商品名・ポララミン)は現代でも、医療現場で使用されている抗アレルギー薬のひとつです。
なお成分自体は、一般的な感冒薬にも配合されています。
ポララミンに次ぐ形でよく使用されるのが、クレマスチン(商品名・タベジール)です。
他の第一世代抗ヒスタミン薬と比べて、持続性が高い点が特徴して挙げられます。

抗ヒスタミン作用が強いエタノールアミン系は、その分中枢神経抑制作用や抗コリン作用も強いです。
ジフェンヒドラミン系も同じように、睡眠改善薬として使われるほど睡眠作用が強くなっています。
ただ、内服薬としては制御しにくいものの、かゆみ止めの作用が強く外用剤として頻用される傾向にあります。

欠点である眠気も就寝前に服用することで克服できる上に、十分な睡眠をとって休養することで自律神経が整うため、翌朝の症状を楽にすることができます。
即効性が高く効き目も良いため、眠気などの弊害とうまく付き合うことができ、効き目を第一に選択したい方に重用されるのが第一世代の抗ヒスタミン薬です。

第二世代抗ヒスタミン薬とは

第二世代抗ヒスタミン薬は、第一世代の製品と同様に鼻水や鼻づまり、くしゃみの緩和に用いられる抗アレルギー薬です。
先発である第一世代の欠点を補う形で開発・販売された経緯があり、区分としては1983年以降に開発・発売された比較的新しい薬剤という位置づけになります。
現在使用されている主な製品は、1990年後半から2000年代にかけて開発・販売されたものがほとんどです。

これまで第二世代が開発されるまで用いられていたジフェンヒドラミン(商品名はレスタミンやドリエルなど)やクロルフェニラミン(ポララミン)など、第一世代の代表的な製品と比較しても、眠気などの中枢神経抑制作用や、口渇や胸やけといった抗コリン作用など弊害が抑えられています。
効き目のキレ自体は多少落ちるものの、安全性を向上させた優秀な製品群という点が大きな特徴です。

医療用の医薬品として用いられる第二世代抗ヒスタミン薬については、その多くが医療機関による処方での入手となります。
国内で1998年に発売されたセチリジン(ジルテック)や、2000年のフェキソフェナジン(アレグラ)、2002年のロラタジン(クラリチン)などは、眠気などの弊害が出にくい安定した製品です。
こういった背景には、第一世代とは異なり第二世代の多くの製品が代謝の必要がなくそのまま排泄される点にあります。
このため、代謝に関連する生理機能が弱った高齢者に特に推奨されています。
かゆみによる二次性の不眠症状の面においても、催眠鎮痛作用が弱い第二世代が推奨されることが多いです。

症状を引き起こす原因のヒスタミン放出の抑制作用を利用して、花粉を感じたり症状が重くなる前から予防的に服用することもできます。
これは、第一世代よりも強い眠気や口渇などの抗コリン作用が抑えられているという安全性が有益である証拠です。

また、第二世代の抗ヒスタミン薬はこれまで医療用医薬品・処方薬であったものが、薬剤師が常駐する薬局で購入可能なスイッチOTC医薬品へと切り替わったものが多いです。
そのため、現在では花粉症対策に関しては第二世代のスイッチOTC医薬品による治療が主流になりつつあります。
第一世代の鋭い効き目よりも、口の渇きや眠くなりにくいといった安全面を優先させたいシーンで活用されることが多く、医療機関でもほとんど第二世代の抗ヒスタミン薬が処方されています。