オロパタジン塩酸塩のアレルギーに対する効果とは

アレルギー性鼻炎や花粉症など多くのアレルギー症状を伴う疾患に対する治療薬として、アレロックあるいはオロパタジンが用いられることがあります。
アレロックやオロパタジンはいずれもオロパタジン塩酸塩を主成分とした抗ヒスタミン薬に分類されています。
以下にアレルギー症状に対するオロパタジン塩酸塩の効果について挙げます。

まずアレルギーの発現機序についてですが、例えば花粉など身体にとって異物となり得る抗原が侵入すると抗原抗体反応として免疫細胞のひとつである肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエン、トロンボキサンなどの物質が放出されます。
そして特にこのヒスタミンが神経受容体であるヒスタミン受容体と結合して様々なアレルギー症状が誘発されることになります。

これに対してオロパタジン塩酸塩は基本的な作用機序として、ヒスタミンがヒスタミン受容体に結合することを阻害することでアレルギー症状の発現を抑制する効果を発揮します。
またオロパタジン塩酸塩の効果として、上記で挙げたロイコトリエンやトロンボキサンの放出を抑制してアレルギー症状の発現を抑制する効果もあります。
その他にも抗好酸球作用、抗炎症作用を発揮するといった特徴があります。

好酸球は白血球のひとつであり肥満細胞からヒスタミンなどの放出を不活性化させる働きを持っている反面、抗原の刺激を受けて好酸球そのものから分泌される物質によってアレルギー症状が増悪することがありますが、オロパタジン塩酸塩は好酸球から物質が分泌されることを抑制する効果があります。
一方、抗炎症作用についてはアレルギーが生じた部位では熱感や腫れなどの炎症を伴っていることが多く、こうした炎症はアレルギー反応の過程において炎症性サイトカインと言われる物質の産生や分泌の関与が挙げられます。
これに対してもオロパタジン塩酸塩は炎症性サイトカインの産生や分泌を抑制して炎症を緩和させる効果をもたらします。

このようにオロパタジン塩酸塩はアレルギー症状とそれに伴う炎症症状の緩和に効果を発揮する特徴がありますが、その反面で服用することで場合によっては副作用が現れることがあるという点について触れる必要があります。

オロパタジン塩酸塩の副作用もチェック

オロパタジン塩酸塩は比較的副作用が少ないとされていますが、服用する際の身体状況や原疾患の有無などによって副作用が現れる可能性があるため、念のために身体に現れる症状について注意深くチェックしていくことが重要になります。
以下に起こり得る副作用について挙げます。

副作用で生じ得る可能性があるものとしては眠気や倦怠感、口喝、嘔気が挙げられます。
これらは抗ヒスタミン薬の成分であるオロパタジン塩酸塩がわずかに有している抗コリン作用が関与することによるものであると考えられています。
抗コリン作用とはアセチルコリンの働きを抑制することを言いますが、ちなみに神経伝達物質であるアセチルコリンはいわゆる身体の活動性を高める働きをしており、覚醒や唾液の分泌、消化管の働きなど多岐にわたり関与しています。
これに対してオロパタジン塩酸塩の作用過程でアセチルコリン受容体に作用してしまう(すなわち抗コリン作用をもたらす)とアセチルコリンの働きが阻害されて眠気が生じやすくなったり、唾液分泌抑制による口喝、消化管機能の抑制で嘔気が生じたりなどといった症状が現れる可能性があります。

その他の副作用としては血液検査において白血球の数値の増加が見られたり、また比較的重い症状に分類されるものとして、肝臓の機能低下を示すような症状、例えば全身倦怠感や食欲不振、黄疸、嘔気、発熱などに加えて血液検査上でASTやALT、ɤGTPなどの数値の異常が生じることがあります。
なお、こうした副作用が現れることは極めて稀であるとされていますが、特に長期にわたって服用する必要がある場合や他に何らかの疾患を有しているような場合においては、定期的に診察をするなどと併せて身体に現れる変化を適宜チェックしていくことが重要です。