セチリジン塩酸塩のアレルギーに対する効果とは

花粉症やアレルギー性鼻炎の治療薬であるジルテックに含まれている有効成分がセチリジン塩酸塩です。
セチリジン塩酸塩は第二世代の抗ヒスタミン薬と呼ばれる薬で、身体のなかでアレルギー症状を起こす原因となるヒスタミンという物質の働きを抑える作用があります。
そのため、花粉症やアレルギー性鼻炎による鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどの症状を緩和することができます。

ヒスタミンというのは、さまざまな生理活性を持っている化学物質です。
ふだんは肥満細胞のなかなどに蓄積されていますが、身体のなかに花粉やハウスダストなどのアレルゲンが入ってくることで、血管のなかに放出されます。
しかし、この物質が過剰に分泌されるとヒスタミン1型受容体と結びついてしまい、さまざまなアレルギー反応を引き起こしてしまいます。
セチリジン塩酸塩は、このヒスタミン1型受容体を遮断してヒスタミンの結合を防ぐことで、アレルギー反応を抑制する効果を持っています。

この薬によって効果が得られる主な症例としては、アレルギー性鼻炎や湿疹、アトピー性皮膚炎によって起きるかゆみなどをあげることができます。
アレルギー性鼻炎の治療薬としては、花粉が原因となって起きる季節性のもののほかに、ハウスダストやダニなどが原因となって起きる通年性のものにも適用することができます。
しかし、アレルギーが起きる原因そのものを治療してくれるわけではないので、効果は対処療法的になっています。

セチリジン塩酸塩には即効性があり、ふつうは飲んですぐに効果が現れ始めます。
アレルギー症状がすでに起きている場合には症状を軽減するように働きますが、あらかじめ飲んでおくことでアレルギー症状の発生を予防することも可能です。
また、セチリジン塩酸塩は効果の持続時間が長く、通常は1日1回だけの服用でアレルギー反応を抑えられることができます。
効果は1日持続するため、就寝前に飲めば翌日までアレルギー反応が抑えらることになります。

しかし、全ての薬には効果・効能のほかに副作用もあります。
セチリジン塩酸塩の副作用としてはどのようなものがあるのでしょうか。

セチリジン塩酸塩の副作用もチェック

抗ヒスタミン薬と聞くと、眠気やだるさなどの副作用を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
第二世代の抗ヒスタミン薬であるセチリジン塩酸塩では、これらの副作用はだいぶ抑えられています。
しかし、眠気やだるさの副作用がまったく起きないというわけではないので、薬を飲んで眠気が出やすいという人は注意するようにしてください。

セチリジン塩酸塩を含むジルテックは、通常夜寝る前に飲むようになっています。
人によっては、翌朝になっても眠気やだるさなどの副作用が残ってしまう場合があります。
とくにアルコールといっしょにこの薬を飲むと、眠気の副作用が強く出やすいので注意するようにしてください。
また、精神安定薬や睡眠薬を飲んでいる場合も、眠気やふらつきなどの副作用が起きることがあります。

眠気がそれほど強くなくても、注意力や集中力の低下が見られる場合もあります。
そのため、ジルテックを服用したときは、自動車を運転したり高所で作業をするといった危険な行為はなるべく避けたほうが良いでしょう。
人によってはけいれんや、呼吸困難・血圧低下といったショック・アナフィラキシーの症状が出ることもあります。

そのほかの副作用としては、肝機能障害による食欲不振や吐き気、発熱、発疹やかゆみなどの症状が出ることがあります。
肝臓に持病がある人は、定期的に肝機能の検査を受けながら慎重に使用するようにしてください。
また、腎臓の良くない人や高齢者も有効成分が血液中にとどまりやすくなるため、副作用が起きやすくなっています。

まれな副作用として、血小板の減少が起きる人もいます。
血小板減少の副作用が起きた場合、血が止まりにくくなるほか、鼻血や血尿が出たり、歯茎出血や皮下出血を起こすことがあります。