レボセチリジン塩酸塩のアレルギーに対する効果とは

レボセチリジン塩酸塩は花粉症やアレルギー性鼻炎の治療薬であるザイザルの有効成分です。
この成分はアレルギーの症状を起こす原因となるヒスタミンを抑える働きのある薬剤で、第二世代の抗ヒスタミン薬に分類されています。
レボセチリジンは、第二世代の抗ヒスタミン薬のなかでも比較的新しい薬になります。

ヒスタミンは身体のなかに存在する生理活性物質で、血圧を降下させたり血管を拡張するなどの働きを持っています。
このヒスタミンが大量に作られてしまうと、体内にあるヒスタミン1型受容体に結びついて、アレルギーを起こす原因となります。
レボセチリジン塩酸塩は、ヒスタミンがこのヒスタミン1型受容体に結合するのを妨ぐことで、様々なアレルギー症状を抑える働きを持っています。

ヒスタミン1型受容体は鼻や目の粘膜など身体のあちこちに存在しています。
レボセチリジン塩酸塩はこれらの受容体を遮断することで、くしゃみや鼻水・鼻づまり、目のかゆみなどの症状を防いでくれます。
また、ヒスタミンはアトピー性皮膚炎によって起きる炎症やかゆみにも関係していますが、レボセチリジン塩酸塩にはかゆみの症状を軽減させる効果もあります。

主な適応症としては、花粉症による季節性のアレルギー性鼻炎のほか、ハウスダストやダニなどによって起こる通年性のアレルギー性鼻炎、湿疹、皮膚そう痒症などをあげることができます。
ただし、アレルギーの原因そのものを治療することができるわけではなく、あくまでも症状を抑えるための薬となっています。

レボセチリジン塩酸塩は即効性があるため、ふつうは飲んですぐに効果が現れます。
ただし、人によっては効果が現れるまでに数日かかることもあります。
また、有効成分の作用時間が長いため、通常は1日1回飲むだけでアレルギーの症状を抑える効果が持続します。

このようにレボセチリジン塩酸塩はさまざまなアレルギー症状を抑制する効果があります。
しかし、人によっては副作用が出る場合もあるので注意しましょう。

レボセチリジン塩酸塩の副作用もチェック

レボセチリジン塩酸塩を飲んでも、重い副作用が出ることはあまりありません。
抗ヒスタミン薬は眠くなりやすいと思っている人も多いかもしれませんが、第二世代の抗ヒスタミン薬であるレボセチリジン塩酸塩は血液脳関門を通過しにくく、中枢神経への鎮静作用が少ないためです。
また、従来型の製品とくらべても眠気などの副作用は出にくくなっています。

レボセチリジン塩酸塩の主な副作用としては、眠気がもっとも多く、次に倦怠感や頭痛などとなっています。
ザイザルはふつう眠る前に服用しますが、人によっては翌朝まで倦怠感や眠気が残ってしまうこともあります。
アルコールを飲んだ場合には眠気の副作用が強まってしまう可能性があるので気をつけるようにしてください。

眠気がそれほど強く出ない人でも、場合によっては注意力や集中力が低下してしまうことがあります。
そのため、自動車を運転したり高所で作業を行うなど、危険な作業に従事しなくてはいけない場合には注意するようにしてください。
精神安定剤や睡眠薬などを飲んでいる場合には、精神神経系の副作用が強まってしまうリスクがあります。

そのほかの副作用としては、口の渇きや吐き気・食欲不振といった症状が出る人がいます。
とくに肝臓や腎臓が良くない人では、この薬の代謝が遅れてしまうため、副作用が出やすい傾向があります。
肝機能障害の副作用が出た場合、発疹や発熱、倦怠感、皮膚や白目が黄色くなるなどの症状が出ることがあります。

また、血小板の減少や好酸球の増加、総ビリルビンの上昇など血液疾患の副作用が出る人もいます。
血小板が増加した場合には、鼻血や血尿が出たり、歯茎から出血する、血が止まりにくくなるなどの症状が出ることがあります。
めったにありませんが、ショックやアナフィラキシー、意識低下などの副作用が出る人もいるので注意するようにしてください。