第一世代と第二世代の抗ヒスタミン薬の併用はあり?

結論から言えば、第一世代と第二世代の抗ヒスタミン薬を併用する意味はありません。
薬品によっては似た薬を併用することで薬効が倍になったり、それぞれの欠点を補い合ったりといったメリットが得られる場合もあります。
しかし、抗ヒスタミン薬に至っては重複して服用しても効力の持続時間が延びる、効力が二倍になるといった事例は報告されていません。

それどころか、第一世代と第二世代を重複して服用することによって薬効成分の血中濃度が上昇し、弊害がでやすくなります。
最も多い症例として眠気が挙げられますが、これが普段よりも強く出る可能性が高くなるという点が問題です。
普段の服用中にはあまり出ていなかった口の渇き、目眩・頭痛なども強まる可能性があり、デメリットの方が多くなります。
加えて、重複して服用する方法は保険適用外の使用法となるため、なおさら注意が必要です。
医師の保障がなく、薬品の取り扱いの説明書にも併用は推奨されていないため、控えた方が良いでしょう。

ただし、稀にじんましんの治療の場合、薬効を高めるために抗ヒスタミン薬を二種処方されるケースもあります。
花粉症などと異なり、じんましんの場合は抗ヒスタミン薬が与える効能が個人によって大きく異なるため、一種の抗ヒスタミン薬では補いきれないこともあるからです。
花粉症やその他アレルゲンが由来であるアレルギー症状の治療目的の場合は、ほとんど一剤だけ処方されることが多いです。
花粉症で訪れた耳鼻科では一剤、じんましんなどの皮膚疾患で訪れた皮膚科では二剤の可能性があるということを覚えておいてください。

重複して服用する場合、抗ヒスタミン薬は系統の異なるものから一剤ずつ選ぶことが多いです。
ザジテン・クラリチンなどの三環系、タリオンなどのペピリジン系、セルテクトなどのペピラジン系といった三系統があり、ペピリジン系もしくはペピラジン系から一剤と三環系から一剤といった具合に選ばれます。

市販薬はある?花粉症に一番効くのは?

本来、抗ヒスタミン薬は医療機関で診察を受けた上で、医師の監修のもと処方を受けた方が良いです。
しかし、ご自身との相性が分かっている医薬品がある場合や、過去に処方された経験がある場合は市販薬に頼っても構いません。
現在は薬局やドラッグストアなどで、医療機関での処方扱いだった製品(スイッチOTC医薬品)や同じ成分を使った安価な製品(ジェネリック)が販売されているため、うまく活用しましょう。

市販薬で効き目が大きいのは、コンタック鼻炎ZやストナリニZが挙げられます。
眠気の作用が強く出るものの効き目が大きいというメリットがある第一世代の中でも、特に効き目が強い薬の市販品です。
即効性があり、鼻炎や喉のかゆみ、くしゃみなどに対して広くカバーします。

同じく効き目が強い上に、眠気や口の渇きといった作用が抑えられた第二世代の市販薬として、ザジテンAL鼻炎カプセルやパブロン鼻炎カプセルZが挙げられます。
こちらも、第二世代の市販品の中では効き目が強い部類に入る製品であり、なおかつ特有の眠気も抑えられた優秀な製品です。
第一世代よりも安心して使用することができます。

もし眠気の作用や口の渇き、目眩や頭痛などで悩まされる場合は効き目を少しマイルドにした製品を選ぶと良いでしょう。
改良が加えられた第二世代の中でも、特に効き目を抑えつつ副作用も控えめに改善されているタリオンなどがおすすめです。
これらの製品であれば、即効性やある程度の効き目をキープしつつ、眠気などの作用も極力抑えられているため、服用しやすくなっています。
医療機関に行く時間がなくて市販品に頼らざるを得ない場合は、こういった効き目がマイルドな製品から試していくと良いでしょう。